今年は早くから暑かったですが、いよいよ本格的な夏の始まりです。今年も猛暑が予想されます。

人間にも辛い季節ですが、動物は人間のように、汗をたくさんかいて体温を下げることができません。
そのため、人間にはちょっと暑いと感じるくらいでも、かなりの負担になります。飼い主さんが十分に気をつけてあげてください。

猛暑を乗り切るために、『熱中症』についてきちんとした知識を身につけましょう。


熱中症とは

熱中症とは気温の上昇などによって、身体の体温調節がうまくできずに体内の水分バランスがくずれて、内臓や神経などの障害を起こす病気です。初期には口をあけてハアハア呼吸したり、よだれをながすといった症状がみられます。末期になると呼吸困難やけいれんを引き起こし、命にかかわります。


猫ちゃんは、わんちゃんのように外に出る機会があまりないのですが、室内で熱中症になり病院にくる子もいます。わんちゃん同様に十分気をつけてあげてください。


<熱中症の初期症状>

・口を大きく開けてハアハアと荒い呼吸をする、あえぎながら大量のよだれを流す。
・眼が充血したり、口の中や耳の内側の粘膜の赤みが強くなる。

<症状がさらに進むと>

・嘔吐や下痢をする。ふらついて倒れてしまう。
・ぐったりして舌が横から出ている。けいれんを起こす。
・体温の上昇がさらに続くと脱水症状により血液が濃くなり、初期症状とは反対に酸欠症状により舌の色が紫色になる。
・心拍数の低下にともない血圧が下降して呼吸不全となり、手当てが遅れればショック症状を起こして死に至ることもある。

(注意)症状には個体差があり、必ずしも順番通りに進行するわけではありません。
具合が悪いのをぎりぎりまで我慢することも多いので気がつきにくいこともあります。
飼い主さんの目から見て、少しでもおかしいと思ったら病院に連絡してください。


熱中症の応急処置

熱中症は症状の進行が思いのほか早いので、かかってしまった場合は、とにかくすぐに身体を冷やして体温を下げることが重要です。

・身体に霧吹きで水をかけ、扇風機やうちわで風を送り、気化熱を利用して体温を下げる。
濡らしたタオルで身体を覆うのも効果的です。しかし氷水など冷たすぎる水は逆効果です。

・タオルを巻いた保冷剤や氷まくらを首の頸動脈の部分(頭部に流れる血液を冷やす)や内もも、腋などの被毛が薄い部分にあてて冷やす。

・少しずつ、ゆっくりと水分を飲ませる。スポーツドリンクなどがあれば3倍くらいに水で薄めて飲ませましょう。

(注意)症状が落ち着いても、内臓にダメージを受けている場合があります。応急処置後は必ず病院で診察を受けてください。


 ◎意識がない場合は身体を冷やして一刻も早く病院へ!

上記の応急処置をして、急いで体温を下げながら、病院に連絡をして下さい。移動の間も窓を開けるなど、
風通しを良くして、濡れタオルや保冷剤で身体を冷やしながら運んでください。

熱中症を防ぐには

 家の中での熱中症対策

真夏の閉め切った室内は想像以上に暑くなります。直射日光があたらなくても、風通しが悪いと湿度が高くなるため、熱中症になる危険があります。

■直射日光を遮るようにカーテンを閉める。
■市販のクールマットや凍らせたペットボトルをタオルで巻いたものを置いておく。
■涼しい場所に自分で移動できるようにスペースを確保しておく。
■いつでも必要な水分をとれるようにしておく。減りが早く、汚れやすいので複数の容器で
用意するとよいでしょう。
■室内の風通しをよくしたり、エアコンや扇風機で温度と湿度を管理する。
長時間留守番させる時は、気温がどれだけ上昇するかわかりませんので、エアコンをつけて出かけるようにしてあげてください。

 外での熱中症対策

外で飼育している場合、日中は気温がかなり高くなります。ハウスが直射日光に当たっていたり、コンクリートの上にある場合は注意が必要です。ハウスが移動できるようであれば日陰に移動してあげましょう。

■ハウスに日除けを設置して直射日光を防ぐ。
■コンクリートよりも土のある場所にいられるようにする。ウッドパネルやすのこを敷くのもよいでしょう。
■風通しのよい日陰にいられるようにつないでおく。日当りは時間帯によって変わるので注意してください。
■常に新鮮な水を置いておく。水温が上がらないよう、置き場所にも注意してください。

 外出時の熱中症対策

夏の暑い時はできるだけ外出を控えましょう。気温が高い日に運動をした後や、車の中で留守番をさせたりした時に熱中症を起こすことが多いです。また、家族でレジャーに出かけたりすると楽しさで興奮し、体温が上がりやすいです。適度に休息させてください。

■こまめに水分補給をさせる。
■カートやキャリーバッグは熱がこもりやすいので、通気を良くし、クールマットやタオルでくるんだ保冷剤を底に敷いてあげる。
■車内ではエアコンの風がちゃんと届いているか確認し、直射日光が当たらないようにサンシェードなどで日陰をつくる。
■車から離れる時は絶対にペットを残さない。

◎わんちゃんのお散歩時は要注意!!

真夏のアスファルトは想像以上に熱くなっており、50℃を超えることもあります。犬は人間よりも体高が低く、地面の近くを歩くので、照り返しによる放射熱にさらされています。また、アスファルトの熱で肉球をやけどすることもありますので、特に注意が必要です。

■日中のお散歩は避けて、『早朝』または『夕方の遅い時間』や『夜』に行くようにする。
■アスファルトを手で触って、熱くないか確認する。
■出来るだけ日陰や土の上を歩くようにする。
■濡らしたタオルや保冷剤をタオルでくるんだものを首にまいてあげる。
■こまめに水分補給させる。


熱中症をおこしやすい犬と猫

 熱中症を起こしやすい犬

◆ボストンテリア・パグ・ブルドッグ・シーズー・ボクサーなどの鼻の短い短頭種
◆シベリアンハスキー・ボルゾイ・サモエド・セントバーナードなどの北方生まれで被毛の長い犬種
◆犬種を問わず子犬・老犬・肥満気味の犬・病気療養中の犬
◆何にでも興奮しやすい犬

 熱中症を起こしやすい猫

◆ペルシャ・ヒマラヤン・エキゾチックショートヘア・スコティッシュフォールドなどの鼻が低い猫種
◆ノルウェージャンフォレストキャットやメインクーンなどの北方生まれで被毛の長い猫種
◆体内に脂肪をためやすく熱が放散しにくいアメリカンショートヘア
◆猫種を問わず子猫・老猫・肥満気味の猫・病気療養中の猫



熱中症は命の危険を伴う病気ですが、飼い主さんの配慮で未然に防げる病気です。
動物たちは自分で辛さを訴えることができません。
その為気付いた時にはかなり悪化してしまったと いうことも少なくありません。
普段から様子をよく観察して、異変に気づくことが大事です。早めの来院を心掛けましょう。
人間も辛い暑さですが、動物たちはもっと暑いということを忘れずに一緒に夏を乗り切りましょう。