わんちゃんの予防獣医学

フィラリアについて

 フィラリアは心臓や肺の血管内に寄生する虫です。フィラリア症は発見が遅れると死に至ることもある恐ろしい病気です。感染犬の血液中にはミクロフィラリアと呼ばれる子虫が泳ぎ回っていて、その血液を吸った蚊に刺されることで犬フィラリア症に感染します。(当院でも数例感染犬検出)予防薬を飲む前には毎年必ず血液検査を受け、感染の有無を確認して下さい。100%の予防薬はありませんし、感染犬は予防薬を飲むことで危険な状態になることもあります。


 薬を飲ませる期間は環境により異なりますが、目安は蚊が飛んでいるのを見かけたら検査をし、最後に蚊を見てから1か月後まで投薬して下さい。特に秋口には感染犬も増えているので寒くなってきても蚊をみなくなるまでは予防を続けて下さい。


 1年に1度の血液検査で同時に内臓器のチェックをすることも病気の早期発見に役立ちます。春先は検査センターの血液検査がセット価格でコストも抑えられています。(通常時の約半額です)是非ご利用ください。


狂犬病について

 狂犬病は発症すると100%死に至り、人を含む多数の動物種に感染の危険があります。世界中に存在する恐ろしい病気です。日本では徹底した検疫と予防、周りを海で囲まれている地理的な優位性もあり現在はみられませんが、多種多様な動物の輸入があり、いつ狂犬病が入ってきても不思議でない状態です。大切な家族の為に予防の徹底を考えて下さい。


犬の登録(畜犬登録すると、次年度より区役所から案内はがきが届きます)、毎年の狂犬病予防接種は法律(狂犬病予防法)で義務付けられています。生後91日齢以上のワンちゃんは必ず接種しましょう。


混合ワクチンについて

 このワクチンは狂犬病ワクチンと異なり任意で受けてもらうワクチンです。ここで予防出来る病気はウイルスや細菌が原因で、一般的にみられる伝染病です。感染・発症すると治療法がなく死に至る危険な病気もあります。特に仔犬の場合、母犬からもらう母子免疫が切れる時期の感染リスクが高くなりますので、6,9,12週齢の3回接種が推奨されています。


 成犬になっても感染する危険性はあるため1年に1度の追加接種を行います。この時の身体検査も同時に行い、病気の早期発見に役立てます。老犬になると抵抗力も落ちるため年に1度の追加接種は特に重要です。当院では6種、8種ワクチンを用意してあります。


ノミ、ダニについて

 ノミ、ダニは皮膚炎を起こすだけでなく、様々な病原体を媒介します。また、人にも皮膚炎や病原体の媒介を起こし、近年では重傷熱性血小板減少症候群(SFTS)」での死亡例も国内で報告されています。


 散歩コースや住居環境にも住みつき冬でも繁殖しています。この地域(清瀬、東久留米、新座)はマダニも数多く見られます。お散歩の後あんどは注意して下さい。ダニをみつけたら、無理に取ろうとしても口器だけが皮膚内に残り、化膿などの原因となりますので、そのまま診せてください。予防薬は繁殖予防と成虫駆除があり、副作用も少なく早めの予防が皮膚炎の防止に役立ちます。


 最近はジェネリック薬品も販売され、コスト的にも求めやすくなっております。市販のものと比べ明らかに駆虫率は高いので是非相談して下さい。


このページの上部へ