わんにゃんドック

 最近では、ワンちゃんやネコちゃんも生活環境が整い、寿命も延びてきました。 みなさんの努力もあり、病気の発見率も上がり、来院時期も早まっていることは大変良いことです。しかし、残念ながら、末期での来院が多いのも事実です。
 見た目には、元気に見える動物たちも、体の中で異常が起こっていることもあります。口のきけない大切な家族の一員のためにも、体の異常を早期発見することで、病気の芽をつみとりましょう!
 また、早期治療には早期診断が必須です。検査とは血液検査だけで全てが解かるものではありません。必ず、各々の検査結果を総合的に判断することで診断率は向上します。個々に検査するよりもコストも下げてあります。
 是非、ドックを利用し、役立てて下さい。

検査項目
1.身体一般検査 聴診によって全般的な体の異常を診察します。
白内障などの目の問題、口腔疾患、腫瘍、皮膚病などを発見します。
2.一般血液検査
(血球計算、血液電解質、
血液生化学15項目)
様々な病気がこの検査で検出できます。
肝臓、腎臓、膵臓の機能異常や白血病などの血液の腫瘍が見つかることもあります。
3.レントゲン検査 体内各臓器の形態的な異常、位置の変位が検出できます。心臓肥大、肺がん、腎結石、膀胱結石、前立腺肥大が見つかることもあります。
レントゲン検査は、例えるなら影絵です。内部構造は見ることができません。
エコー検査のと組み合わせで、より形態学的な異常の検出率が上がります。
4.尿検査 腎不全の早期発見につながり、結石を形成する前の結晶が検出される場合もあります。
血液検査と合わせて行うことで、早期の病気発見に役立ちます。
5.便検査 食べ物の消化の状態、お腹に寄生する寄生虫病や、悪玉菌の増殖などが発見される場合があります。
6.心電図 不整脈などの心臓の異常を発見します。
7.超音波(エコー)検査
【別料金】
レントゲン検査と同じように画像から異常を見つける検査です。しかし、それぞれ得意とする分野が違います。レントゲン検査は各臓器の形や大きさ、位置を診るのに力を発揮し、超音波検査は各臓器の内部構造の変化を見つけることが得意です。
その他、老齢動物のために、上記に加え、甲状腺ホルモン測定、関節のレントゲンを入れたシニアドックも用意しています。(この検査は別料金となります)
※ドックはすべて予約制です。当日は絶食で朝来院して頂き、検査に入ります。
※15:00から1時間検査結果を元にカウンセリングを行います。
※料金はカウンセリングまで全てを含め\20000(腹部超音波含\25000)です。
※わんにゃんドックは保険適応にはなりません。
 詳しくはスタッフまでお尋ね下さい。
このページの上部へ