腫瘍診断の進め方

がんの診断は進行度と部位・症例の全身状態を十分に把握することが重要です。以下のように診断を進めていきます。

1. 問診:年齢(犬種、猫種)・病歴・しこりの部位・発現時期・増大傾向・過去の治療歴の有無と反応などについて詳しくお話しを伺います。
矢印
2. 視診・触診など五感による診察:しこりの大きさ・色調・周囲への浸潤性・所属リンパ節の大きさ・硬さ・固着の有無などを調べます。周囲組織への浸潤やリンパ節に異常が認められる場合には悪性腫瘍が疑われます。(触ってしこりが周りにへばりついている場合が多いです)
矢印
3. 細胞診:細い針で腫瘤を刺し、採取された細胞を顕微鏡で観察します。院内で良性悪性の判定、腫瘍の種類がわかることもありますが、基本的に診断名をつける検査ではありません。あくまで悪性が疑われるかどうかを調べる検査です。診察時速やかに結果が出るため、悪性が疑われたり診断がつかない場合には少し太い針などを使って4.病理組織検査に早期に進めます。
矢印
4. 病理組織検査:細胞診に比べて精度の高い検査になります。検査の方法としては、tru-cut生検・パンチ生検・結紮離断・切除生検などがあります。病理診断がつくと腫瘍の特徴を知ることができ、今後の治療方針を決める上で非常に有用な情報が得られます。診断、治療予後の要となる検査です。
矢印
5. 画像診断(レントゲン・超音波検査・CT・MRIなど):しこりの構造や周囲組織への影響・肺や肝臓などへの遠隔転移の有無を調べます。他、心臓、肺、肝臓、腎臓、骨などの併発疾患の読影も行います。レントゲン、超音波検査を組み合わせることで早期発見を目的とした検診としても非常に有用です。特に超音波検査機器の向上は目覚ましいものがあります。ゴールデンレトリバーなど腫瘍好発犬種の場合、肝臓、脾臓などお腹の中にしこりができることが多いため、普段の生活では発見は難しいです。8歳を超えたら年一回のレントゲン、超音波検査はお勧めします。
矢印
6. 血液検査、尿検査:重要諸臓器機能や全身状態を評価するとともに、腫瘍随伴症候群の有無も調べます。

*腫瘍診断はがんの進行度と部位・症例の全身状態を十分に把握することが重要であるため、レントゲン・超音波検査・血液検査・尿検査など、一通りの検査が必要になります。

*診断によって治療法が異なってくるため、治療を開始する前に系統だった検査を行い、正確な診断を行うことが重要です。 また、早期発見、早期治療のためにも定期的な健康診断は近年重要性がましています。お気軽に相談してください。

診療案内
診療科目
診療カレンダー
腫瘍(がん)科
腫瘍(がん)の診断・治療
腫瘍診断の進め方
腫瘍治療
時間外の診療について